制作中のゲームα版の配布

投稿者:

去年から手を付け始めたPICO-8。
去年はゲームを作ろうとして断念していて、どちらかというとツール制作をしてました。

FILLPatDraw

画像を文字列にエンコード。エンコードした文字列とデコード用のソースをログに書き出すツールです。

圧縮をいくらか掛けて、スプライト2、3枚分ぐらい追加できるようになりました。色数や、きめ細かい絵は容量がかさばる傾向です。
ゲームに実装するコードの量を考慮しなければされに1枚追加できるかもしれません。試してないです。

応用例

これと
これで
こうなります

ほぼタイトルだけの作りです

PICO-8ゲーム制作の再開

(一つ前に作った試作ツールも含め) このツール を制作している際に得た知見で、制作を諦めていたゲームにもう少し内容を詰めることができそうなのでは、と可能性を見出しました。
2018年が終わって、2019年1月半ば頃のことでした。

どの辺が省略できたかは「 PICO-8開発録5」に書いておきました。
このあとにも、MAPデータの生成を文字列のみ、マルチカートを利用するなど、探すほどに改善案が出てきます。(それでも限界はあるので気をつけたいです)

BOOTHFestivalデジタルゲーム回に向けて

アルファ版をリリース しました。

根菜の力を授かる
根菜を選択
鍋、寝ているキツネ、リボンも前述の圧縮ツールから描画されています。

BOOTHFestivalに間に合わせるため、かなりやっつけで演出を追加などして、ゲームがサイクルするようにつなげました。

アルファ版リリース1週間前に花粉症の影響(睡眠の質低下)もあって帯状疱疹を発症してしまい、無理はできないと痛感しました。
しばらくはペースを落とすことになると思います。
というより次はPITMAPに少しテコ入れする予定だったりします。

KONSAIRI 【v0.2α版 】

** Share!! **

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です